婚活レシピ

聞き上手の秘訣とは?

はじめまして。本職で人の話を上手く聞くことが仕事の内容の者です。
聞き上手って絶対の法則があるんです。
それは相手に「ああ、この人ワタシのこと理解してくれてる〜っ」って思わせることなんです。
人って「私のことをわかってくれそう」とか「よき理解者」という人物に好感を抱く生き物だからです。
それは相手が同性異性関係なくです。
逆に「この人私のことをちっとも分かろうとしてくれない・・・」という人にはイライラしたり、付き合いづらさを感じてストレスになったりします。
また更に「この人、他の人とちょっと違う・・・」と思わせるような聞き方をして、
他者よりも頭1つ分良い立ち位置に立てるよう差別化を図れると信頼関係が高まります。

 

上記のようになるためには下記の2つのことを実践すると効果的と考えます。

 

(1)3つの言葉はタブー
「がんばって」「大変だね」「色々な人(事)がいるから」
この3つのワードを口にしてはなりません。それはなぜか・・・。
この3つのワードは誰に対してもどんな話題でも使える便利な言葉です。
しかし、だからこそ使ってはいけないのです。
誰にでもどんな時でも使える言葉は、逆に言うと誰にでも口にできる安易な言葉です。
このような誰でも言える言葉を使うと「親身じゃない」印象を与えてしまうのです。
それはそうですよね。何にも考えてない人でも、とりあえず言える言葉なんて心に響きませんから。
もっと言えば、深く携わりたくないから体よく「流した言葉」になってしまいます。
そんな聞き方をしていたら話し手は聞いて貰った甲斐を感じられず、不完全燃焼のような気分になってしまい、
結果として「この人わかってくれてる〜」とはならないわけです。

 

(2)一般論やきれい事を言わない
これも意外だと思われたかも知れません。
なぜなら多くの人が相談事や愚痴を聞く時に言ってしまう内容だからです。
そして、一般論やきれい事を言っておけば、大きく間違えることはないとも考えるからです。
でもそれはあくまで倫理などの考え方において間違えてないだけです。
聞き方という分野では損なのです。
例えば相談や悩み事を聞いたという想像してみて下さい。
そして解決策として、一般論やきれいごとをあなたが相手に言ったとしましょう。
一般論やきれい事を言ったことで誰が得するのかわかりますか?
それは相手ではなくあなたです。
相談してくるくらいの人は多くの場合は一般的な考え方(一般論やきれい事)を知っています。
それでもそういった一般的なところを飲み込むことができず馴染めないから苦しんでいるのです。
だから一般的なことを言っても無意味なのです。
例えるなら、悪事をはたらく不良に「それは悪いことだよ」と指摘するのと一緒です。
不良は悪いことだと分かってやっているわけですから「んなことわかってんだよ!」と言われボコボコにされるだけです。
後にはボコボコにされても尚、勇気を出して指摘した自分がいるという「誇り」が言った人の中だけに残ります。

この例と同じで一般論やきれい事を、本当は重々承知している人に言っても
「私はこの人に正しい道を教えてあげた」と勝手に満足することになります。だから、言った側が得するのです。
ましてやその相談事に他の友人がいれば尚更事は悪くなります。
正統派なことを言った人に周りの友人は味方につくからです。「○○さんの言うとおりだよ〜」という感じに。
そうすると言った人はまるでヒーロー的な扱いを受けるような感じになってしまいます。
そんな状況になったら相談した側はまるで悪者扱いをされた気分になってしまい、話してスッキリするどころか
不快な気持ちにさせられます。そのため、一般論やきれい事はタブーなのです。
もちろん一般論やきれい事の中に「みんな苦しんでいるんだよ。あなただけじゃないのよ。」というのも含まれます。

 

 

以上のことに気を付けるとだいぶ話し方が変わってくると思いますし、
相談や悩み以外の話題にも共通して使えるコツです。
この2つのことをタブーとして言葉を紡ぐとなると、相手の話題の中だけで相手の気持ちを汲むしかなくなるため、
否応なしに相手の話に聞き入らなくてはなりませんし、理解するための言葉が質問や例えのような言葉として自然と出て来ます。
そうすると真剣に聞いているんだなと相手は感じ取って
「この人ならわかってくれるかもしれない」と思い、好感の持てる人物として格付けされるのです。

 

 

この2項目を守ることは決して簡単なことではありませんが、日常の雑談でもこの2項目を意識して会話することで
訓練してみて下さい。どんどん変わっていきますよ。
最後にこの2項目に気をつけながら話す共通点は、「相手のことを受け止めるように聞き、話すようにすること」です。
簡潔な質問に長々と返答して申し訳ありませんでした。

引用元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1377351968